苦しくない胃カメラ検査が登場

胃カメラ検査に見る医療技術と医療機器の進歩

苦しくない胃カメラ検査受けてみる気になるかも

検査を受けたくないという気持ちになる一番は苦しさ

胃の内視鏡検査をしましょうと言われたら、ほとんどの人がゆううつな気分になることでしょう。調子が悪くて受診した以上、医師が的確な診断を下すためには検査をしなくてはならないのが、現代医学の特徴です。さらに基本的な治療方針でもあることはわかってはいるものの、検査の内容によってはできれば受けたくないという気になるものもあるのが事実です。特に胃の内視鏡検査は非常に苦しい検査であるというイメージがすっかり定着していますので、検査を嫌って避け続けた結果、重篤な状況になってしまったということも起こり得ます。そうなるともっとつらい治療を受けることになりますので、覚悟を決めて内視鏡検査を受けるのが一番良い選択肢と言えるでしょう。ここで一つ知っておきたいのは、現代医学における内視鏡検査ではカメラを含むさまざまな点において、昔に比べて格段に進化しているということです。これは医療機器は勿論のこと、医療技術においても言えますので、受けてみたら意外と大したことなかったという感想を持つ人が多いことからも分かります。

医療の現場で重視される無痛という要素

ほとんどの人が、痛いのはイヤというのは共通して抱く感情ですので、医療現場においてはいかに痛みの軽減をするかというのが大きな課題でもありました。その結果、苦しくない無痛内視鏡検査の実現に成功し、実際におこなっている医療機関があります。胃カメラの検査が苦しいと言われる理由は、のどに異物が入ってくることを体が拒否する嘔吐反応と、長時間口を開けたままにしていることによる苦痛、さらには検査を受けている間ずっと緊張し続けて首や肩が凝るために頭痛がしてくるなど、連鎖的な痛みが発生することも大きな要因と考えられます。そのため、検査を受ける人それぞれに合った量の軽い鎮静剤を調合し、検査の前に注射を行う無痛検査というものが生み出されました。この注射によってウトウトした状態になりますので、体が緊張してガチガチになるということがありません。さらには、内視鏡検査において熟練した技術を持つ医師が検査に当たり、使用するカメラも細く改良されている上に画像は鮮明になっていることから、短時間で状況を見ることが出来ます。これらの要素により、いつの間に終わっていたのとびっくりする人も珍しくないと言いますから、かなり高い確率で無痛を実現できていると言っていいでしょう。

無痛内視鏡検査にこだわる医療機関の増加

内視鏡検査というと、のどにカメラが少し入っただけでえずいてしまい、中に入れるまででさえとても苦しいという定番イメージがあったため、いまだに拒絶反応を起こす患者さんも少なくありません。そこで、徹底的に苦しくない無痛内視鏡検査にこだわる医療機関もできており、そうしたところでならこれまでダメだったという人も検査を受けられるかもしれません。人によってのどの反応というのは異なり、スムーズに胃カメラが入っていく人もいれば、歯の治療で舌を押さえられても嘔吐作用を起こしてしまうほど敏感に反応する人もいます。後者の方が検査はより難しいため、検査そのものを敬遠しがちですが、検査が必要だと診断されたのであれば早く受けることが大事です。そのときには、無痛内視鏡検査が大いに助けてくれるでしょう。

人気記事ランキング